ちょっとしたきっかけでカメラにハマりました

今まで好みといえるような好みは全くない人間でしたが、ちょっとしたきっかけでカメラにハマりました。
もともとはiPhoneを購入してフォト投稿系のソーシャルネットワーキングサービスにiPhoneで撮ったフォトを投稿し始めたことから始まります。とにかくフィルターを使って加工すると自分で撮ったわけではないくらい上手に撮れてそれが嬉しくて。もっと上手に撮れるようになるためにネットで形状とか撮り方とか色々検索するようになりました。そうすると必ずと言っていいほど出るんですよね、一眼レフ。もう欲しくて欲しくて。
とうとう一眼レフを購入してしまったのは半年ほどたってからだ。
とりあえず身近と望遠レンズの用意を購入しました。でも、一眼レフって各種ものがいるようになるんですよ。保持用のケースやドライ剤、防カビ剤などは必須。子どもたちがちょうど大きくなってきた歳月だったので、スタートには必ずと言っていいほど一眼レフを持ち歩くようになりました。すると持ち運び用の積荷がいります。それにお子さんを撮るのって普通のレンズや望遠だけだと寂しいんですよね。ちょっとした瞬間も記したくなってきてまたネットで調べると今度は単ポイントレンズが奨励と書いてあったりします。
迷いつつレンズ買取。ここからはもうダメです。レンズが違うとフォトが違うというのがわかってしまうんです。じゃあ、あんなフォトが撮りたい、それならこういうレンズが欲しいの繰り返しだ。
ではそんなふうに撮ったフォトはどうやるのか。クラウドに保存していましたが、一応サポートも欲しくなります。普段着用いる端末は基本的にはオンラインサーフィン向きなのでそれほど容量がありません。しかし一眼レフのフォトは容量をかなり取ります。まずは出先取り付けハードディスクですね。そこでサポートをとっておく。フォトを撮り始めるとやりたいことがどんどん増えていくのです。すると欲しい小物も増えて生じる。そして欲しい物は意外と高額なものが多いのです。
でも、金銭をつぎ込んだことにあまり自責はありません。初めての好みはとにかく楽しいし、子どもたちと立ち寄る機会も増えたような気がします。そしてなにより現在しかないこういう時期がとてもきれいな状態で残って行く。まだまだお金をつぎ込んで赴きそうです。お金が必要

Read More